文字を大きく表示したい時は、ボタンを押して下さい。→

  
給食タイトル
デイサービス ホームヘルパー ショートステイ 介護タクシー 介護支援 島名杉の子保育園
もみじ最新ニュース
デイサービス
ホームヘルパー
ショートスティ
介護タクシー
介護支援
島名杉の子保育園

もみじの給食
もみじで使用している野菜 もみじの給食では顔の見える食事作りを心がけています。

デイサービスのフロアから、食事作りの様子を見ることができ、食事が出来上がる頃は、おいしそうな匂いが広がってきます。

「安心、安全」はもちろんのこと、「おいしい」食事。

そして、地元産の食材を使い「地産・地消」で地域に密接した食事作りを目指しています。


2011年1月1日メニュー
今回は1月1日の献立です。
昨年末には、もみじショートステイにてスタッフが手打ちそばを作りました。
様々な太さや、固さのそばが出来上がりました。ゆでるのに時間がかかりましたが、皆で楽しく食べることができたのではないでしょうか。 麺が固いという方には、そばがきを提供しました。

1月1日の献立はお節料理を意識しました。重箱に入っていないので厳密にお節とは言えないそうです。
菜の花が咲いていたので、一緒に写真をとりました。
こちらの1月1日の献立は

・ ソフト餅雑煮
・ エビの天ぷら
・ ブリの照り焼き
・ かずのこ
・ 黒豆、長呂儀
20110101献立
2011年1月1日昼食(元旦)
・ くりきんとん
・ 伊達巻
・ 含め煮
・ いちご


  727kcal

通常のお餅は、のどにくっついてしまう危険があるので、代わりにソフト餅というもので雑煮をつくっています。
ソフト餅雑煮の作り方は以下のとおりです。

(一人分)


ソフト餅雑煮
ソフト餅雑煮

・ Aやまいも…30g
・ A米(もち米ではなく、うるち米)…50g
・ A水…130g
・ A塩…少々


・ 鶏もも(こま)…10g
・ ほうれんそう…10g
・ だし…150g
・ しょうゆ…10g
・ みりん…5g
・ ゆず(皮)…1g

(345kcal)


@ Aを一緒に炊飯器で炊く。
A ほうれん草を2〜3pに切りゆでておく。
B だし、しょうゆ、みりん、鶏ももでつゆをつくる。
C ゆずの皮をせんぎりにする。
D @が炊き上がったら、すりこぎでよくつぶす。餅のようにまるめる。
E 椀にA、Dを入れBのつゆをそそぐ。
F Cのゆずの皮をのせて出来上がりです。

柔らかく歯切れのよい仕上がりになります。
お箸で切ることができるので、食べやすい大きさにしながら召し上がって下さい。

・トップへ
12月10日お誕生会メニュー
今回は12月誕生日会の献立です。
こちらの12月10日の献立は
・ ちらし寿司
・ 味噌汁(なめこ、ねぎ)
・ 鶏肉の天ぷら
・ ほうれん草のお浸し
・ いちご

593kcal ※ご飯約150gの時


20101210献立
2010年12月10日昼食(お誕生会)

「ちらし寿司」は、卵を薄焼きにし、錦糸卵にしたもの、桜でんぶ、ゆでた三つ葉をのせて彩り良く仕上げました。酢は控えめにしました。
「鶏の天ぷら」は、見た目は鶏の唐揚げとかわらないのですが、下味をつけた鶏肉に天ぷらの衣をつけ揚げてあります。大分県の「とり天」という郷土料理を参考にしました。こちらは、大根おろしをそえてあります。
「ほうれん草のお浸し」は、元気に育ったほうれん草を使用しています。地元農家の方から、収穫したてのほうれん草が、直接届けられます。
今が旬ですので栄養素もたくさんです。鉄分やビタミンA、ビタミンCが多いです。
ビタミンCは、夏採りのほうれん草よりも、冬採りの方が約3倍多くなっています。

今回は、「鶏の天ぷら」のレシピを紹介いたします。
天ぷらにするとムネ肉でも柔らかく食べられるので、経済的な家庭料理としても親しまれているそうです。
もみじでは、もも肉を使用しました。
鶏の天ぷら
鶏の天ぷら

(一人分)
・ とりもも肉…70g 唐揚げ用
・ しょうゆ…7g
・ みりん…7g
・ 天ぷら粉…20g

(使用量は目安ですので、適宜増減して下さい)

・ 水…30g
・ 揚げ油…適宜
・ 大根…30g


257kcal


@ とりもも肉を、しょうゆ、みりんで漬け込む。
A @に味がついたら、溶いた天ぷら粉をつけ180℃の油で揚げる。
B 大根をおろし水分を切る。
C AにBを添え出来上がりです。

・トップへ
11月3日の夕食の献立
今回は11月夕飯の献立の一例です。
こちらの献立は11月3日の夕食に提供したメニューです。
・ ご飯
・ 味噌汁(じゃがいもとたまねぎ)
・ れんこんとひき肉の蒸し物
・ じゃが芋の白煮
・ きゅうりとホタテの和え物

532kcal


20101103献立
2010年11月3日夕食

「れんこんとひき肉の蒸し物」は、すりおろしたレンコンとひき肉を合わせて蒸したものです。レンコンが入ることによって、まとまりが良く柔らかく仕上がります。歯茎でもつぶせる固さなので、どなたでも食べやすくなっています。
「じゃが芋の白煮」は、だしと塩、砂糖で煮てあります。もみじでは三温糖を使用しているので、少し茶色がかっています。緑色はグリンピースです。
「きゅうりとホタテの和え物」は、薄切りにしたきゅうりにホタテ缶とかつお節をまぜ、割り醤油、ごま油であえました。ホタテ缶のだしがでてうま味がでています。


今回は、「れんこんとひき肉の蒸し物」のレシピを紹介いたします。
豚肉は、良質なたんぱく質の供給源です。主食(米や小麦)に不足しやすい、アミノ酸のリジンが多く含まれるので、おかずとして最適です。
ビタミンB1も豊富に含まれています。
れんこんとひき肉の蒸し物
れんこんとひき肉の蒸し物

(一人分)
・ レンコン…90g
・ 豚挽き肉…50g
・ 赤ピーマン…10g
・ レタス…20g


193kcal


・ 食塩…0.7g
・ しょうゆ…4g
・ 酒…2g
・ こしょう…少々
・ 片栗粉…4g
@ レンコンをすりおろし、水分を切る。
A 赤ピーマンをみじん切りにする。
B 挽き肉に調味料を良く混ぜる。
C Bに@、Aを加えよく混ぜる
D 小判型に形を整え、蒸し器に入れ約15分蒸す。
E レタスを添えて、出来上がりです。

補足:レタスは、熱湯に少しくぐらせてから水で冷やして出しています。


・トップへ
10月15日のお昼の献立
今回は10月の献立の一例です。
こちらの献立は10月15日のお昼に提供したメニューです。
・ ご飯
・ 味噌汁(じゃがいもとたまねぎ)
・ 鶏肉と野菜のスープ煮
・ シメジとニラの炒め
・ 大根とホタテのサラダ
・ バナナ

545kcal


20101015献立
2010年10月15日昼食

「鶏肉と野菜のスープ煮」は、鶏もも肉、キャベツ、人参を、鶏がらスープの素と酒、醤油で煮ています。
キャベツ、人参が柔らかくなったらできあがりです。やや薄めの煮汁なので、スープまで召し上がれます。
「シメジとニラの炒め」のシメジは、地元の業者さんで栽培している物を使用しています。
シメジとニラを炒め、塩、醤油、みりんで味付けしています。
「大根とホタテのサラダ」の大根は、一週間ほど前は生で食べると辛かったのですが、丁度この献立の頃に甘味がでてきました。
大根は夏は辛く、冬になると甘くなります。これからは大根がほんとにおいしい季節になります!
「バナナ」は好きな方が多い果物です。柔らかく、口の中でまとまりが良いので皆さん食べやすいようです。


これからの季節には大変おいしい大根を使った簡単な大根とホタテのサラダのレシピを紹介いたします。
大根の辛さはアリルイソチオシアネートというもので、抗菌性、抗変異原性が認められています。
また食物繊維も豊富なので、便秘防止に効果的です。

大根とホタテのサラダ
大根とホタテのサラダ

(一人分)
・ 大根…50g
  ・ 塩…0.2g 少々
・ こしょう…少々
・ パセリ…0.5g
・ ホタテ缶…10g
・ マヨネーズ…8g  小さじ2杯

72kcal


@ 大根は皮をむき、せん切りにする。塩をふり水分を出す。
A パセリをみじん切りにする。
B ホタテ缶の汁を切り、身をほぐす。
C @から出た水分をよくしぼり、こしょう、マヨネーズ、Bと和える。
D 最後にAを加え混ぜ出来上がり。

・トップへ
9月16日のお昼の献立
今回は9月の献立の一例です。
こちらの献立は9月16日のお昼に提供したメニューです。
・ ご飯
・ 味噌汁(かぼちゃとわかめ)
・ むきかれいのチーズムニエル
・ セロリの金平
・ じゃが芋とのりの和え物
・ ピオーネ

607kcal


20100916献立
2010年9月16日昼食

まずは「むきかれいのチーズムニエル」についてですが、ムキカレイは名前の通り、皮のむいてあるカラスガレイという魚です。身も淡白で、ぱさつきが無くとても食べやすいです。
チーズをのせて洋風に仕上げました。レモンをしぼってさっぱりとお召し上がり頂けます。

「セロリの金平」は、セロリの嫌いな方から、「匂いが強くなくとても食べやすくて良かった」との評判を頂きました。葉も使用しています。

「じゃがいもとのりの和え物」の赤い色は、薄切りにしたパプリカです。
鮮やかな赤がアクセントになっているのではないかと思います。

「ピオーネ」は種がないので、皮をむけばすぐたべられます。
ぶどうは今が盛りなので、甘くておいしいです。

好評なセロリの金平のレシピを紹介いたします。
このおかずは見た目はあまりよくないのですが、セロリ独特のくせがなく、食べやすいおかずです。セロリの葉には、ビタミンB1やB2が多く含まれ、βカロテン、ビタミンC、食物繊維などの栄養も多いです。9月は夏の疲れが残り、夏バテになることもあります。、ビタミンB1やB2、ビタミンCは夏バテに有効な栄養素といわれています。 茎だけでなく葉も一緒に調理し、体調を整えていきましょう。
セロリの金平
セロリの金平

(一人分)
・ セロリ…50g 20cm
・ サラダ油…3g 小さじ1杯弱
・ 酒…3g 小さじ1/2杯強
・ みりん…3g 小さじ1/2杯
・ 砂糖…2g 小さじ1杯弱
・ だし…20g  約大さじ1杯強

57kcal


@ セロリはピーラー(皮むき器)で筋ごと薄く皮をむき、薄切りにする。葉は細かく刻む。
A サラダ油を熱し、セロリを入れる。
B Aに火が通ったら、だし、調味料を加え煮る。
C 水分が飛んだら出来あがり。

・トップへ
もみじのお誕生会の献立について
今回はもみじの誕生会の献立についてです。
デイサービスでは皆様の御利用日が異なり、誕生会は月に1回から多いときは3回あります。
誕生会の日は、主役の方のとびきりの笑顔の写真の入ったメッセージカードがプレゼントされます。
デイサービスの職員が、あの手この手で笑顔を引き出し、なごやかな雰囲気になります。
この日の献立は
・ ご飯
・ 味噌汁
・ マグロの刺身
・ 椎茸と高野豆腐と人参の煮物
・ キャベツの酢味噌和え
・ バナナ
お誕生日お刺身メニュー

お刺身メニュー

その他の誕生日メニューとして、赤飯、天ぷら、エビフライ、ちらし寿司などがあります。
マグロの刺身は、好きな方が多く「刺身が食べたいな」とリクエストを受けることがあります。
すぐ近くの業者に、配膳直前に納品してもらいます。
夏場の刺身は、ちょっとお休みです。
赤飯や天ぷらは、もみじ近辺の地域ではお祝い事があると振舞われることが多いので、とても喜んで頂いています。
エビフライは、海老の下処理からもみじで行います。殻をむき、尻尾を整え、筋を切りまっすぐにします。
衣は、生パン粉を使っているので、普通のパン粉よりふわりと口当たりがやわらかで、さっくりと揚がります。
ぜひ食べて頂きたい1品です!

・トップへ
デコポンの皮の砂糖煮
3月に路地栽培が出まわる果物が"デコポン"です。
この名前は登録商標で、品種名は"不知火(しらぬひ)"と言います。
糖度13度以上、クエン酸1.0%以下のものが、"デコポン"として出荷できるそうです。
レモンのクエン酸は5%あります。(すっぱい!!)
かんきつ類は、ビタミンCが多く含まれているのは有名です。
果物のビタミンは、一般的には果肉より果皮に多いと言われています。
調理によるビタミンの損失はないようです。

一品レシピ
デコポンの皮の砂糖煮
・ デコポンの皮…1個分
・ 砂糖…40g(大さじ4〜5杯)

作り方
@ 皮を塩でよく洗う。
A 皮を好きな形に切る(写真は縦に切ってます)
B たっぷりの水をいれ、弱火で30分ゆでる。
C 水を取り替え、更に30分ゆでる。
D 水をすて、砂糖を加え水がなくなるまで煮る。

デコポンの皮の砂糖煮


デコポンです
デコポンはとてもおいしいので、皮を捨てるのがもったいないなと思っていました。
そんなところに、この砂糖煮の作り方を教えて頂きました。
バニラアイスに添えて食べると、さわやかな香りがして新たな味がします。



・トップへ

ニンジンのたらこ和え
風邪をひきやすい今の時期食べたい野菜といえば"ニンジン"があります。
ニンジンにはおなじみの栄養素カロテンが含まれ、ニンジンのオレンジ色に関係してます。
抗酸化と免疫増強作用があるといわれてます。
熱に強く、油と一緒にとると良く吸収されるので調理を工夫して効果的に摂りましょう。

一品レシピ(4人分)
・ ニンジン…1本
・ バター…大さじ1杯
・ タラコ…1本




ニンジンのたらこ和え

とれたてのニンジンです
まだ土がついた
とても新鮮なニンジンです。
作り方
@ニンジンは皮をむき、せん切りにし茹でる。
Aバターをフライパンで溶かし、ほぐしたタラコを炒る。
B Aに@を入れ、からめて出来上がりです。


カロテンは水に溶けにくく、熱にも強いのでゆでても大丈夫です。
ニンジンくささも抜けて、とても食べやすくなるのでニンジンが苦手な方も挑戦してみて下さい。
バターを入れることにより、カロテンの吸収もとても良くなります。

もみじでも、利用者さんや職員に人気のあるメニューです。


・トップへ

Copyright(c)2007 もみじ All rights reserved.
Base template by WEB MAGIC.