↑Top

社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム

梅雨入りしたそうですが、今年はそれほど雨が降っていません。
昼間は暑く、夜は寒い日が続き、体調を崩す方が増えております。
さて、今年度から厚生労働省より社会福祉法人の財務諸表等電子開示システムにて、社会福祉法人は今まで書面で出していた決算書などをインターネットでのデータ報告が義務付けられました。
しかし、このシステムが非常にやりにくい難解なものになっています。コピー貼り付けなどの操作が保護されているセルが混ざっているためか、簡単にはできません。
ただでさえ、決算作業や補助金実績申請など様々な業務が重なっているときに、このシステムは本当に大変でした。
やっと〆切ぎりぎりで何とか提出したものの、修正すべき箇所があるのにデータが消えてしまうので、時間切れでいくつか修正できずに提出せざるを得ませんでした。
他の法人からも問い合わせ、苦情がだいぶ寄せられているとのことですが、システム側からも今年初めての試みのため、何度も不具合が生じましたとの連絡があり ました。
本当に来年はちゃんと改善されていることを願うばかりです。(事務担当者)

2017年6月吉日 施設長 五十嵐信康


もみじからお詫び

しばらく、ホームページの更新が滞っていました。
大変申し訳ありませんでした。
昨年は、いなほ会は激動の年でした。
ようやくひと段落つき、これからも、もみじについていろいろなことを発信していけたらと思っています。
まだまだ至らないページがありますが、徐々にアップしたり修正したりして、皆さまに愛されるページを目指します。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年6月吉日 施設長 五十嵐信康


春ですね

暑さ寒さも彼岸まで・・・と昔はよく言ったものです。
梅の花も散り、桜もいよいよ来週が満開予報です。
もみじ畑の球根も春と共に芽吹いてきています。
春のシーズンは何かと忙しくなりがちですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
福祉業界は人材不足が深刻となっています。
それを言えば日本全体が少子化と超高齢化社会の波を受けています。
かってのように60才を過ぎたら、定年退職、楽隠居というわけにはいかないのです。
子どもも若者も働き盛りの世代も大変ですが、高齢者さえも楽隠居を許さない、空前の人材不足があるのです。
だからこそ、今までにない工夫、知恵が必要と感じます。自動運転や自動改札、自動レジの工夫。
介護ロボットも昔とは違い、夢ではありません。
日本は世界のどこよりも少子化と高齢化の顕著な国です。
ということは、言い換えれば世界に先駆けて真っ先にこの問題のエキスパートになれるということです。
がんばりましょう!

こいのぼり
5月に向けてこいのぼり作成中・・・
少し気が早いかな?

2017年3月吉日 施設長 五十嵐信康


もみじからお詫び

しばらく、ホームページの更新が滞っていました。
大変申し訳ありませんでした。
昨年は、いなほ会は激動の年でした。
ようやくひと段落つき、これからも、もみじについていろいろなことを発信していけたらと思っています。
まだまだ至らないページがありますが、徐々にアップしたり修正したりして、皆さまに愛されるページを目指します。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年2月吉日 施設長 五十嵐信康


もみじで働いてみませんか?

現在、もみじではスタッフを募集しています。     
お時間のある方はもちろん、気持ちのいい場で働いてみたい・・・。もみじはどうですか?     
もみじでは、利用者さんや家族に気持ち良く過ごしていただきたいとさまざまな介護サービスを提供しています。     
しかし、気持ちのよい良質なサービスを提供するためには、もみじのスタッフ自身も気持ちよく働ける事が大事だともみじは考えています。     
スタッフ自身が幸せでないと、そのスタッフは利用者さんにすてきな笑顔を見せることができないのです。利用者さんはそんなスタッフの笑顔を見て、笑顔になります。スタッフもまた利用者さんの笑顔を見て幸せな気分になるのです・・・。     
もみじでは、みんなが気持ちよくいられる場所であることがポリシーです。 そういうスタンスがもみじはアットホームな雰囲気だねと言われるゆえんではないかと思います。あなたもそんなもみじで働いてみませんか?あなたの笑顔をぜひ見せて下さい!

興味のある方はぜひ、こちらをご覧下さい。(PDF形式です)

知りたいこと、気になること何でも結構です。遠慮なくもみじまでご連絡下さい。

2016年1月吉日 施設長 五十嵐信康


あけましておめでとうございます

昨年も、ご利用者やご家族の皆様はじめ、地域の方々や、各事業所の皆様、多くの皆様方に大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。
おかげさまで新しい年2016年をスタートすることが出来ました。
指定居宅サービス事業所もみじは、平成10年に通所介護、平成12年に訪問介護(介護タクシーは平成18年~)と居宅介護支援、平成18年に短期入所生活介護を、順次開設して参りました。
開設当初から「地域に根ざした介護」を理念の一つに掲げ、主治医の先生をはじめ、各居宅介護支援事業所のケアマネージャーやサービス事業所の皆様、民生委員様、地域の皆様方との協力・連携のもと、地域のご高齢者が、住み慣れたご自宅で、少しでも安心して生活を続けていけるように、在宅介護サービスを提供させて頂いております。
介護のことで何かありましたら、いつでもご遠慮なくもみじにご連絡ください。地域のご高齢者、そして介護をされているご家族のお一人おひとりに、必要な介護サービスのご案内・ご支援をさせて頂ければ幸いです。
併設の島名杉の子保育園では、今年4月に念願の放課後児童クラブ(学童保育)「杉の子たんぽぽ児童クラブ」がオープンします。
いなほ会では、これまでも高齢者の方と子どもたちとのふれあいを大切にして来ましたが、放課後児童クラブが加わり更に新しい展開が期待できると考えております。
今年も職員一同、より良い介護サービスの提供に努めて参りますので、今後とも、皆様からのご指導とご鞭撻のほどを、どうぞ宜しくお願いいたします。

2016年1月吉日 施設長 五十嵐信康