↑Top

PICKUP

このたび、平成28年4月に 杉の子たんぽぽ児童クラブ を開設しました。
黄色い2階建てのすてきな建物ができあがりました。
お隣には、皆様おなじみの 島名杉の子保育園 高齢者事業のもみじ があります。
地域のみなさまに開けた施設として、さらに小学生を対象とした施設が加わりました。

「児童クラブ」ってなあに?

杉の子たんぽぽ児童クラブ は、学童保育です。
学童保育(放課後児童健全育成事業)とは、放課後、両親の就労等により留守家庭となる児童に対し、集団活動を通じて児童の 健全な育成 及び 豊かな情操を育む生活習慣を習得させること を目的とした保育事業のことを言います。
保護者の就労や疾病等のため児童クラブの利用時間に保護者がいない家庭の小学生が利用できます。(保護者が就労等により、月曜日から土曜日の間で週3日以上、日中(正午以降)通勤時間等を含み4時間以上不在であること。)
放課後の遊びの支援 生活指導 を保護者にかわって児童指導員(保育士、児童指導員などの資格をもつ職員)が行います。
両親の就労等による留守家庭児童が,放課後の生活を 多数の友だちと共に遊び,学びながら毎日楽しく過ごす 所です。
保護者が就労等により昼間家庭にいない放課後児童に対し,適切な遊び及び生活の場を与えてその 健全な育成を図る ことを目的としています。